ストーカー行為…誰に相談するべき? - ストーカー行為に悩まないで

ストーカー行為に悩まないで > ストーカー行為…誰に相談するべき?

ストーカー行為…誰に相談するべき?

近頃増えてきている社会問題に「ストーカー行為」というものがあります。
ストーカー行為とは「特定の人に対する好意」や「その好意が叶わなかったことに対する怨恨」によりつきまとい、待ち伏せ、押しかけや嫌がらせをする行為のことです。
あなたは今、こうした行為に遭っていたりしませんか?
もしこのようなストーカー行為に遭っていて、誰にも相談できずに悩んでいるとしたら、それは大きな間違いです。
ストーカー問題こそ、周囲の人々に知ってもらい早急に対処してもらわなくてはならない問題なのです。

ストーカー行為が大きく社会問題として認識されたのは、今から約15年ほど前のことです。
当時発生した殺人事件の根本にストーカー被害があり、殺害された被害者が警察に相談をしていたが対応してもらえなかったということが世間の批判を浴びました。
しかし、警察には「民事不介入」の原則があるため、対応したくても慎重にならざるを得ないという現実もあります。
では、もし自分がストーカー行為の被害に遭った時には誰に相談したらよいのでしょうか?
ここでは、相談に適した相手と絶対に相談相手に選んではならない相手をお伝えしておきます。

まず、絶対に相談相手に選んではならない相手というのは「恋人」や「異性の友人」です。
もちろん、異性であっても相談をするだけなら構いません。
しかし、ストーカーと自分の間に入ってもらって話し合いをする…などということは絶対にしてはならないことなのです。
なぜなら、ストーカーの多くはあなたに対して「変質的な愛情」を抱いていることが多いため、異性が間に入ってくることでストーカーの気持ちをより逆なででしてしまう恐れがあるのです。
最悪の場合は、このことが原因で何らかの事件に発展することもありますから絶対に止めておきましょう。

もしストーカー行為を受けている場合には、まず親に相談します。
そして、親とともに弁護士と警察に相談しに行きましょう。
弁護士はストーカー行為が民事の域を出ない時に適切な対処をしてくれますし、刑事事件に発展するような場合には警察がストーカーの事実を知っていると早く対処してくれます。
こちらの記事を参考に、自分の身をしっかり自分で守れるようにしていってくださいね。