ストーカー被害は警察に相談するべき? - ストーカー行為に悩まないで

ストーカー行為に悩まないで > ストーカー被害は警察に相談するべき?

ストーカー被害は警察に相談するべき?

自分だけは「関係ない」ことだと思っていても、いつ自分が被害者になるか分からない「ストーカー被害」。
付き合っていた人が別れた途端ストーカーになってしまったり、職場の人があなたに好意を寄せてつきまとうなど…どんな形でストーカー被害に遭うか分からないのです。
ですから、ストーカー被害に関しては「自分だけは関係のない事件」ということはあり得ません。
万一こうした被害に遭ったとしても、できる限り迅速に対処できるように知識を持っておくことが大切です。
そこここでは、ストーカー被害に遭った場合にどんな対処をすればよいかについてお伝えしていきます。

ストーカー被害に遭った人の多くは、こうした行為の取り締まりを求めて警察に相談しようと考えます。
ですが、警察には「民事不介入」の原則があるため実害がない限り取り締まりをしてくれることはありません。
民事不介入というのは、殺人や傷害、脅迫や強要などであなたの身体に実害が及ぶような「刑事事件」でない限り取り締まりができないという考え方です。
そのため、ストーカーにつきまとわれたりするだけの被害では実際に取り締まってくれないというのが実情なのです。

では、ストーカー被害は警察に相談しても無駄なのでしょうか?
決してそういうことではありません。
ストーカー被害を警察に相談する場合には、あなたがストーカーに遭っているという証拠を集めてそれを提出すると迅速に対応してくれるでしょう。

また、警察に相談し取り締まってもらう時には被害届と告訴があります。
被害届はあなたが受けたストーカー被害を届け出るだけですが、告訴の場合はストーカーを法的に処罰してほしいという内容を含んだものになります。
告訴状を提出すれば、ストーカーがあなたの周囲につきまとわないように法的な取り締まりを行うことができます。
自分がどの程度のストーカー被害に遭っているか、またどういった証拠を押さえているかによって、告訴するかどうかを決めると良いでしょう。
こうした判断が付けられない時には弁護士の力を頼ることもオススメです。
ぜひ覚えておいてくださいね。